カテゴリ:緑( 14 )

セゾン現代美術館 @軽井沢 長倉

キャボットコーヴでブランチした後、セゾン現代美術館+HAPPY♪+へ。
野外彫刻が展示されている緑豊かな庭はお気に入りの場所です。
きらきら緑のシャワーが降りそそぎ、いつもの景色とはまた違う
光の織りなすアートが楽しめました^^

+絵画 モノクロームとマルチカラー @セゾン現代美術館
 ☆09/7/3-10/4



a0082536_10375913.jpg

 

More
[PR]
by ibayima-ma | 2009-08-30 19:09 |

ハルニレテラス @軽井沢 星野

中軽井沢にある星野リゾートに新しくできたダイニング&リラクゼーションエリア。浅間山麓、湯川のせせらぎに沿ってコテージ風の建物が点在し、カフェ、レストラン、デリカ、雑貨、リラクゼーションなどのショップが入っています。川辺に植生しているハルニレの樹木を残し、森と川にかこまれたウッドデッキがつづき、川沿いの散策を楽しみながらゆっくり過ごせる場所。テラスは地形に沿うように造られ、川に近いところで休憩できるデッキもあり、鳥のさえずりや川のせせらぎが耳に響いてきて心地いい。丸山珈琲、川上庵、希須林など、いってみたい店がいっぱい。予約は受けていないそうなので、気軽に立ち寄れるのも嬉しい。トンボの湯もあり、ゆっくり滞在できそうな場所です。
星野エリア


PURE MILK GELATO NAGAI FARM


a0082536_23595713.jpg



 もぎたてもろこしと濃い味抹茶のジェラート


 浅間山の麓にある永井農場直送のミルクからつくるジェラート。
 旬の野菜やフルーツをつかったフレッシュ感たっぷりのジェラートや、お米や花豆まで
 いろんな種類があって迷ってしまいます~ やさしいミルクの味がします^^


a0082536_00669.jpg




a0082536_001383.jpg




a0082536_002126.jpg



+丸山珈琲+HAPPY♪+
 ハルニレテラス店はブックカフェになっていて、店内にある本を自由に読むことができます^^


a0082536_01812.jpg



 カフェラテ


a0082536_011553.jpg




a0082536_012133.jpg

今森光彦



a0082536_012767.jpg




a0082536_005856.jpg



蕎麦屋 川上庵
 川のせせらぎが聞こえるテラスでいただく蕎麦は格別。つまみもおいしい。テラスは犬もOK。


a0082536_013944.jpg




a0082536_014531.jpg




a0082536_015250.jpg




a0082536_015992.jpg




a0082536_02678.jpg




a0082536_021426.jpg




a0082536_035617.jpg




a0082536_04384.jpg



夕方、ピッキオでやっているナイトウォッチングでムササビを見にいきました。日没前、5時半すぎにピッキオのビジターセンターに集合。このあたりにムササビの巣箱を数ヵ所設置してあり、夜になると活動するムササビが巣箱からでてくるところをウォッチングするという、2時間くらいのツアー。こどもばっかりかも。。と思いつつも、こどもと大人、半々くらい、25名くらいくらいが参加。あたりが暗くなるまで、ムササビの生態についてのレクチャー。こどもでもわかるように話してくれるので、とってもわかりやすい。リス科、モモンガに比べて大柄。夜行性で、主に木の上で生活し、種子、果実、木の芽、葉っぱなどを食べるそう。その後、木立の中でムササビが食べた跡の松かさの芯などを発見。あたりが暗くなってきた頃、いよいよムササビのいる巣箱へ移動します~


a0082536_044756.jpg



最近、お母さんと2ひきのこどもが暮らしているという巣箱の近くへ。鳥の巣箱よりもちょっと大きめサイズ。事務所の横にある駐車場あたりのカラマツの木にあります。ムササビがびっくりしないように、ちょっと離れたところでみんなぎゅっと小さくかたまって、貸し出された双眼鏡をのぞきながらスタンバイ。ときおり、巣穴から顔を出してあたりをきょろきょろする姿が見られます。首が痛くなってきた頃、まずはムササビのお母さんとこども2ひきが巣箱からでてきてすばやく木の上のほうへ登り、滑空準備 → ぱっとマントのような飛膜を広がげて、暗闇の中へ飛び立つ瞬間をウォッチング☆ つづいてもう一ぴきのこどもも別の方向へ飛び立っていきました~ 長いしっぽでバランスとって飛ぶそう^^ ほんの一瞬の出来事ですが・・無事、ムササビ親子の外出をお見送り。夜な夜な、森の中で遊んだ後、明け方に巣箱に戻ってくるそう。


a0082536_045523.jpg



人間のいるすぐ近くでムササビが暮らしているのにびっくり。軽井沢には森があり、ムササビが飛び移ることのできる距離に樹木があるので、ムササビは生きていくことができるそう。木から木へ、かなり長い距離を滑空し、国道くらいは飛びこえてしまうそうですが、開発が進み、木や森がなくなると、軽井沢でムササビが住めなくなってしまう。まずはムササビが森に住んでいることを知っていれば、いなくなったときに気づくことができる、とガイドさんがいうように、環境を身近に考えるきっかけになるツアーでした。季節ごとにさまざまなツアーをやっているようで、3月のフクロウウォッチングにもいってみたい(*^o^*)
 




























 
[PR]
by ibayima-ma | 2009-08-17 01:09 |

春苔玉

週末、ワークショップで手づくり苔玉をつくりました。
苔玉のあたまにオヤマナデシコをのせて、野草が生えているようなちょっとワイルドなかんじに。
空気が暖かくなるにつれ少しずつつぼみが膨らみ、赤紫色のちいさな花を咲かせました~ 
春の野のささやかな風景が楽しめます^^



a0082536_201741.jpg




この苔玉は、苔玉キット(ハイ苔、水苔、土、糸)で1時間ほどでつくりました。
オヤマナデシコの苗の根っこを肥料入の土と水に浸した水苔でまあるく包み、手のひらでぎゅっと握って黒い糸で軽めに巻きます。さらに水に浸したシート状のハイ苔を上にかぶせ、再びまあるく握り、ピンセットなどで形を整えながら黒い糸をしっかり巻きつけて完成。
苔玉づくりも癒されます~

水やりは今の時期だと2日に1回程度。
5~10分、玉全体を水に浸し、風通しのよいところに置きます。
 

More
[PR]
by ibayima-ma | 2009-03-18 20:34 |

ヒゲナデシコ

a0082536_0351127.jpg


ふわふわまあるい緑のボンボン。
フラワーアレンジの中に入っているのを見たことはありますが、お花屋さんで見つけて
ついつい連れて帰ってきてしまいました。ヒゲナデシコの鮮やかな花もきれいですが、
ツンツンした緑のヒゲを主役に、こんもり飾ってみました^^

 +ヒゲナデシコ+
  学名:Dianthus barbatus
  科属:ナデシコ科 
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-10-05 01:00 |

軽井沢夏散歩   +千ヶ滝せせらぎの道+

千ヶ滝につづく清流沿いの散歩道へ、森林浴に行ってきました~
8月の軽井沢。きょうも天気よく暑くなりそうだったので、午前中のうちに出発。
千ヶ滝通りからは少し距離があり、ゆるい上り坂なので、散歩道入口の駐車場まで車で
行きました。ゆっくり歩いて往復1時間くらい、一本道の気軽に行ける散歩道。
散歩道の木道は整備されているので、子どもや犬も一緒に歩けます^^
しばらく川沿いに歩くと水浴び場があり、子どもたちが気持ちよさそうに水浴びしていました。


a0082536_14461183.jpg




a0082536_14553021.jpg



緑に包まれた散歩道。勢いよく流れる清流に沿って歩いていきます。
水流にはいつくばる石ころには、緑の苔や植物が生えていてかわいい^^


a0082536_14573570.jpg



こちらはお父ちゃんのよう^^ ふさふさ緑が茂っています~


a0082536_1531065.jpg




a0082536_1684273.jpg



滝に近づくにつれ、ややきつめの上り坂に。。
野に咲く花や植物、虫や鳥の声、川のせせらぎを聞きながら・・
寄り道しつつ滝をめざします~


a0082536_1574461.jpg



千ヶ滝に到着♪ 緑の中から水が流れ落ち、マイナスイオンいっぱいで気持ちいい~
水源は浅間山の地下水だそうです。


a0082536_15115239.jpg




帰り道、セゾン現代美術館+HAPPY♪+に立ち寄り、庭をお散歩~
美術館近くにある駐車場の奥にはひっそりと池があり、カモたちが気持ちよさ気に
泳いでいました^^


a0082536_15241960.jpg




a0082536_163485.jpg

 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-09-05 16:09 |

奥多摩散歩

週末、梅雨入りしたばかりなのにいいお天気。
せっかくなので奥多摩に森林浴に行ってきました~
新宿駅10時発、中央線~青梅線に乗り継ぎ2時間。窓の外には緑いっぱいに覆われた
山々がそびえたち、深い谷に清流の流れる自然豊かな景色が広がります。

終点、奥多摩駅で下車。
駅前にある奥多摩町観光案内所でもらった”おくたま”パンフを片手に、バスの時刻を
見ながら行き先決定~ バスが来るまで1時間程、昼食がてらひと休みです。


a0082536_19473087.jpg


奥多摩はトレッキング、登山、渓流釣り、キャンプ、バーベキューなどいろいろな
アウトドアを楽しめますが、きょうは軽くウォーキングできる日原エリアに行くことにしました。
バスが走り出すとまもなく辺りは緑につつまれ、山深いくねくね道を上っていきます。
バスで30分程、長い日原トンネルを越えた”東日原”のバス停で下車。
ここから日原鍾乳洞まで片道2km、途中休憩しながらの約3時間ほどの散歩コースです。

日原川上流につづく日原街道。
バス停のあたりにはちらほら民家があり、かわいらしい花々が咲くのどかな風景。
こんもりした山々の深緑を眺めながら、ゆるい坂道を登っていきます。
遠く谷底から聞こえる清流の音、小鳥のさえずり、清々しい風が心地いい~
道路は舗装されていて歩きやすいのですが、道幅は狭く車も通るのがちょっと危ない。。


a0082536_1957379.jpg


一石山神社の神明水 
日原鍾乳洞手前あたり、苔むした崖面からちょろちょろと水が湧き出しています。
しっとり瑞々しい苔が美しい^^

a0082536_2002499.jpg



いいかんじにひなびた感のある日原鍾乳洞に到着。
人もやや多く、家族連れや団体さん、若者もちらほら。なかなかの人気スポットのようです。
外は汗ばむくらいの暑さですが、洞穴のような入口付近からは冷気が漂います~
ふと空を見上げると、陽射しを浴びて折り重なる葉の陰影が美しい^^

a0082536_2081339.jpg


鍾乳洞は、地中の石灰岩が長い年月を経て、雨水に含まれた二酸化炭素によって
溶かされてできたそうな。中は想像以上に深い空洞になっていて、地中の迷宮のような
世界が広がります。中はひんやり気持ちよく、年間を通して11℃に保たれているそうです。

a0082536_20145872.jpg


狭い洞窟のなかは常に頭上注意。。 たまに頭の上に水が滴ってきますが、耳を澄ますと
静寂のなか響きわたる雫が美しい音色を奏でます~ 

ここの苔も見ごたえあります(*´∇`*)

a0082536_20155140.jpg


新洞のかなり急な階段を上へ上へと登っていくと、岩からにょきにょきと盛り上がる石筍や
石柱が見られます。なんだか動物みたいに見えます^^

a0082536_20182825.jpg


ちょっと懐かしいかんじの鍾乳洞見学、思ったより見ごたえありました。
鍾乳洞を照らす照明は細長い蛍光灯。露出しているのがちょっとザンネン。
電球を取り替えたり、メンテの問題などがあるのかもしれませんが、ライトアップ次第で
もっと雰囲気出そうなのにな~


鍾乳洞の先にはこじんまりしたキャンプ場(デイキャンプのみ)があり、家族連れなどが
川遊びやバーベキューを楽しんでいました。
この季節、ここでのんびり読書なんかもいいかも~

a0082536_20212651.jpg


このあたりにはいくつか大きな奇岩がそびえたち、荒々しい岩肌も深い緑に包まれています。


a0082536_20221326.jpg




a0082536_20285886.jpg


深い谷の清流と樹木の織りなす美しい渓流。
奥多摩は滝も多く、滝巡りコースもよさ気です~

銚子の滝 ☆徳利から杯に注ぐさまを現している☆


a0082536_20304144.jpg




日原マップ(2000.4発行)に書かれている"巨樹コース"。
杉、モミ、栃などをめぐる"巨樹コース"は、廃校になった旧日原小学校の裏から、
湧き水地点"栃のしずく"までつづいているようです。
帰り道、楽しみにしていたのですが、いざ足を踏み入れると入口付近からかなりの急勾配。
道なき道のやや本格的なコースのようでした(ToT) 
早くも断念・・次回は念入りに下調べしてこよう。。 

引き返すときに足元に美味しそうな赤い実を発見(*^o^*)

a0082536_20385528.jpg


帰り道、道端や民家の庭先にはいろとりどりの花がいっぱい・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-06-20 21:27 |

京都新緑散歩3   +西芳寺+

京都2日目の朝、イノダコーヒ四条支店でモーニング。
サンドイッチにサラダ、フレッシュジュース、コーヒー"アラビアの真珠"
ボリュームあって美味しい^^ 四条駅のロッカーに荷物を置いて、嵐山へ。
さらに阪急嵐山駅から1駅、松尾大社のある松尾駅で下車。
20分ほど歩いていくと、坂を上っていくにつれ、どことなく清々しい気配が漂ってきます~

西芳寺(苔寺)は臨済宗のお寺。まずは本堂で写経です。
小さな座卓の上には、般若心経が書かれた紙。床には硯、墨、細筆が用意され、
10年以上前の書道の授業を思い出しつつ、墨をすり精神統一・・
皆で般若心経を唱えた後、写経に移ります。

ですが・・本尊の左右に分かれてぎっしり座卓が並べられ、前後左右の間隔が狭く
身動きするのも大変。足もじわじわしびれ苦しい~ 詰め込みすぎ(・ω・) 
緑に包まれた静寂の中での写経を思い描いていたのですが、なかなかの苦行(Θ∇Θ)
最後に願い事を記入し、本尊の前に奉納します。



a0082536_012282.jpg


苦行の後は・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-06-06 01:39 |

グリーンネックレス

a0082536_23205857.jpg

まあるいころころした緑のビーズ。
暖かな陽の光をあびてプクッと膨らみ、細い茎にネックレスのようにながーく連なります。
小さな鉢から植え替えてしばらく元気がありませんでしたが、今年に入って増殖中^^
艶やかな瑞々しいグリーンがかわいいです~

 +グリーンネックレス+
  学名: Senecio rowleyanus
  科属: キク科セネシオ属
  多肉植物 
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-04-04 23:29 |

景色盆栽 はりねずみ

a0082536_0413734.jpg


穏やかなやさしい目をしたはりねずみの背中に、青々とした緑の苔山(アラハシラガゴケ)が
のっています。かわいいながらも凛とした美しさのある盆栽^^
青銅(ブロンズ)製の器に盛られたやわらかい苔の触感が味わい深く、
部屋にちょこんといるだけで、なんとも和やかな雰囲気を漂わせてくれます。
どの角度から見ても愛らしい(*´∇`*)  
四つ足にこんもり緑の後ろ姿もかわいいです~


 +景色盆栽 はりねずみ+
  盆栽:小林健二(盆栽作家)
  鋳物:能作 / 青木有理子(銅器作家)
  
 +sinajina 品品 @奥沢+ 
  閑静な奥沢の住宅街にひっそりあるモダン盆栽のお店。
  入口にある小さな庭を見ながら中に入ると、高い天井のアトリエのような店内に
  四季の景色が織り込まれた盆栽たちがセンスよく並んでいます。
  山苔や可憐な草花、小さな苗木や鉢もいっぱいあり、好みのパーツを組み合わせて
  オリジナル盆栽が楽しめそう。盆栽教室もあります~
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-02-21 01:09 |

オリンピック国立公園4   +Forests+ @Seattle

a0082536_11202516.jpg

トレッキング3日目の朝。
きょうはオリンピック半島西側にある温帯雨林、レイン・フォレスト(Rain Forest)に出発~ 
朝食がてら、トレッキングの途中食べる昼食用のサンドイッチをつくります。
固めのパンにマスタードを塗り、トマト、きゅうり、サラミ、チキン、アボガド、チーズ・・
それぞれ自分の好きな具をパンに挟んで完成^^ サンドイッチを包んでいよいよ出発です~
a0082536_11352918.jpg


レイン・フォレストは世界でも珍しい温帯雨林。太平洋側からの暖かく湿った空気が
山々に当たり、オリンピック連峰の西側に大量の雨を降らせます。
針葉樹林などの原生林が天高く伸び、足元一面、シダや苔に覆われたジャングルです。
冬の間はほとんど、しとしと雨が降り続くのだそうですが、きょうは本降りになりそう(*ー*)
フルトレッキングの予定でしたが、トレイル入口付近のミニトレッキングに変更。
お天気と気分次第で行けるとこまで行ってみることに~


a0082536_11521751.jpg


霧に覆われた森の中を進んでいくと・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-01-24 12:59 |