カテゴリ:味( 40 )

しもきた茶苑大山   +かき氷+ @下北沢

夏のおわりにどうしても~ということで、下北にかき氷をたべにいってきました。
お茶屋さんが夏のあいだつくるかき氷。1Fに茶葉を販売する店舗があり、建物の横にぐるっとまわりこんだところにある階段をあがると、2F奥に喫茶スペースがあります。夏のメニューはかき氷のみ。すでに階段の途中までの長い列、予想はしていましたが1時間半待ちでした。。 これでも一時期よりは人が少ないそう。急な階段で待つ時間はちょっとつらいのですが、店のおじさんも他の店に迷惑にならないようにつきっきりで交通整理。夏のかき氷は明日(09/9/27)でおわりなので、覚悟を決めて並びますー マイボトル(ステンレス製マホービン)をもっていくと、給茶サービスをしてくれるので、待っているあいだ、お茶をのもうかとおもっていたら、かき氷が忙しくて今はお休みとのこと。。 そろそろ限界~というところでようやく店内へ。6つほどのテーブル席のあるちいさなスペースですが、中にはいるとゆっくりできます。

茶師十段が淹れるという日本茶でつくるかき氷。小豆あり、氷多め(⇔少なめ)、ふわふわ氷(⇔バリバリ氷)を選択。ひとつひとつ丁寧につくっているようで、注文してからもすこし時間がかかりますが、他のテーブルに運ばれてくるボリュームたっぷり、ビッグななカキ氷にくぎづけ。ついに茶碗ほどの器に、こーんもり山のように盛られたカキ氷が目の前に運ばれてきます~


ほうじ茶あずき


a0082536_06456.jpg



抹茶あずき


a0082536_061116.jpg



高くそびえる山のような、雪のようにふわっふわの氷。日本茶の香ばしさ、甘味、渋み、苦味が絶妙なバランスです。やわらかく煮込まれたゆであずきは、真ん中すぎあたりで氷の中から登場。氷の量が多いので、途中、味の変化がたのしめます。氷だけのメニューもあり、蜜やゆであずきをオプションでつけることもできるよう。さいごまで崩れない氷の盛り方、フワフワ感、まんべんなくかけられた蜜のしみこみ具合といい、見ためも味も食べごたえたっぷり。早くたべないとさいごのほうはみぞれっぽくなってしまうので、フワフワのうちに食べたほうがおいしいかも。店内はほどよい暑さで、さいごちょっと冷えてきたくらいで完食。


a0082536_062044.jpg




a0082536_063027.jpg



ていねいにつくられた一杯のかき氷に、作り手の想いがいっぱいつまっているようなかき氷。
日本茶っておいしい!ってあらためて日本茶好きになりました。
冬メニューは11月から。日本茶も飲みにきたい^^ 


a0082536_064646.jpg



夕涼みがてら、下北沢の商店街をふらりと散歩。はらドーナツで、シンプルなはらドーナツ&レモンティドーナツを食べました。神戸の老舗豆腐屋さん"原とうふ店"の豆乳とオカラをつかった、あまさ控えめのヘルシードーナツ。できたてがおいしい^^ 


a0082536_07386.jpg



お向かいのエスプレッソ屋さん"BEAR POND(ベアーポンド)"もにぎわっています^^


a0082536_071360.jpg


 
しもきた茶苑大山
 営業は18時までになっていますが、16時くらいで長蛇の列のときは食べられないことも
 あるそうな。今年の夏のかき氷は明日(09/9/27)でおわり。
 クリスマスやホワイトデーには、限定かき氷がでるようです。
 
[PR]
by ibayima-ma | 2009-09-27 01:03 |

ドメイヌ・ドゥ・ミクニ @軽井沢 追分

軽井沢から車で20分ほど、静かな別荘地にあるフレンチのお店。
この建物は以前、東京 世田谷にあった坂倉準三氏設計の旧飯箸邸。昭和初期に建てられた木造のモダニズム建築(DOCOMOMOWeb)で、一時は老朽化などで取り壊しの危機にさらされましたが、建物を軽井沢に移築、現在はレストランとして使われています。水平と垂直の美しい架構、軽やかな軒先、ゆるやかな勾配の切妻屋根がかかる落ちついた佇まい。広い緑の芝生に面し大きな開口が開いていて、大扉が回転し、扉を開け放ち自然と一体化したり、空間をゆるやかに仕切ることができるようになっています。個室になっているM2Fの寝室はみられませんでしたが、1Fの茶室として使われていたという個室はタイミングよく見ることができ、庭に張り出すように造られた縁が印象的。以前は等々力渓谷の近くに建っていたそうで、どんな環境の中に建てられていたのかと想像してしまいます。食事の後、芝庭に出てゆっくり建物を見せていただきました。おおらかな空間の中で、軽井沢の食材をいかした料理が楽しめるお店です。


a0082536_1775232.jpg




a0082536_1042614.jpg




a0082536_1043567.jpg




a0082536_1045188.jpg




a0082536_1044365.jpg



ドメイヌ・ドゥ・ミクニ
 森の中の朝食とカフェの店、キャボットコーヴ+HAPPY♪+の近く。
 御影用水沿いの散歩が楽しめます。

建築家坂倉準三とユリを巡る人々 @ルヴァン美術館+
 ☆09/7/1-11/23
 旧飯箸邸と、同じく軽井沢に移築されている旧加納邸が展示されています。
 

Menu
[PR]
by ibayima-ma | 2009-09-01 22:47 |

FELLOWS フェローズ @駒沢

R246と駒沢公園通りの駒沢交差点から、すこし裏に入ったところにあるバーガースタンド。
細い路地沿いにビルの壁面にはりつくようにしてある、一見、仮設っぽい小屋のようなお店。細長い店内には4席ほどのテーブルとカウンター席がありますが、外の明るいテラス席にしました。ウッディなテラスは、奥行きは浅いけれどハンバーガーを食べるにはちょうどいいかんじのカウンターがあり、ハンバーガーの食べ方などが描かれたイラストなどアットホームな雰囲気でかわいらしい。チーズバーガーをおすすめのミディアムレアで注文。カリッと仕上がったバンズは外はさくっと軽く、炭火で焼き上げたというパティは塩加減がちょうどよく、ソースなしでもいけちゃいます。フライドポテトと自家製コールスローサラダ付。駒沢公園へ散歩がてら、軽めのランチにちょうどいいお店です。
FELLOWS


a0082536_9381110.jpg




a0082536_9382350.jpg




a0082536_9383298.jpg




a0082536_9384677.jpg































 
 
[PR]
by ibayima-ma | 2009-07-01 07:18 |

伊賀焼の郷 長谷園 ecoかまど

伊賀焼のおかまが届きました~ 
家でもおいしいご飯が食べたい!ということで前からほしかったおかま。ホームベーカリーと同じく使いこなす自信がなくどうしようか迷っているうちに、タイミングよくエコタイプが登場。
新製品のため1ヶ月ほど待ち、ようやく家にやってきました^^


a0082536_15591.jpg



おかまは外釜、内釜、中釜、上釜の4層でずっしり重め。陶製の外釜が熱を逃さず蓄熱するため短時間でおいしいご飯が炊き上がるというecoかまど。伊賀の陶土は耐火度が高く、土鍋本体がしっかり熱を蓄えてお米の芯までじっくりと火を通し旨みを逃さないのだそう。
炊き方は思っていたより簡単で、途中で火の調整はいりません。米を20分水に浸し、2合炊きの場合、中強火で8分炊いて20分蒸らします。炊き上げ時間を1分ほど延ばすとおこげができ、残りご飯をそのまま雑炊にすることもできるそう。火の加減のせいか、まだうまくおこげができない。。


a0082536_1553576.jpg



かまどで炊いたようなふっくらご飯はほんとうにうまい! 同じ米なのに米粒のつや、弾力、甘み、旨みの違いにびっくり。炊きたてご飯と紅梅園の梅干し+HAPPY♪+があればもう大満足。土鍋はやや重いのと、しっかり乾燥させる必要があるのでメンテナンスはひと手間かかりますが、使いはじめるともう炊飯器には戻れない(*´~`*)


a0082536_22141696.jpg



Oisixから届いたお米で、艶やかな新米ご飯を炊きました~


a0082536_22143284.jpg



恵比寿に長谷園の"イガモノ東京店"があり、いろんな土鍋が見られます。
黒穀米と蓋付きお茶碗もあわせて買ってみました^^


a0082536_1555163.jpg



+伊賀焼の郷 長谷園 ecoかまど+
 長谷製陶(株)
 
+もくもく黒穀米+
 原材料名:うるち米、もち米、黒豆(黒大豆)、ひじき、黒ごま
 販売:伊賀の里 モクモク手づくりファーム 
  
[PR]
by ibayima-ma | 2008-10-03 23:21 |

SAMOVAR サモワール @三宿

三宿交差点近くに新しくできたロシア料理のお店。
渋谷で長い間やっていたお店ですが、9月に三宿で再オープンしたそうです。
古びた感じの木の扉を開けると15席ほどのモダンな内装、とおもいきや照明や
テーブルなどは前のお店で使われていたものだそうで、独特のセンスでまとめられた
素敵なインテリアです。ロシア民芸やチェブラーシカなどかわいい雑貨がセンスよく
ディスプレイされていて、いろいろ気になってしまいます^^
メニューはコースやセットがたくさんありますが、アラカルトでも頼めます。


  クワス
  麦を発酵させたロシア独特の発酵飲料。麦の香りと甘みがあり、ほんわか発泡
  しています。好みは分かれるそうですが、独特の爽やかな味で気に入りました^^
  自家製で作っているそうです。

a0082536_0405111.jpg


  生野菜のサラダ

a0082536_0411861.jpg


  ピロシキ
  何層にも重なったサクサクのパイ生地。旨みの凝縮されたジューシーなひき肉が
  詰まっています。手づくりのやさしい味。

a0082536_042327.jpg



a0082536_045438.jpg


  牛肉と茸の壷焼き

a0082536_0454163.jpg


  いろいろな種類のきのこがころんとまるごと入ったシチュー。
  蓋になっているざっくりした固めのパイと一緒にいただきます。
  洗練された力強い味わい。濃厚でいろんな風味がして美味しい(*´~`*)
  ボリュームのあるごろんとした肉もやわらかく煮込まれています。

a0082536_0455987.jpg


  焼きりんご 
  運ばれてきた瞬間、香ばしいいい香り~ 
  うえにのったバニラアイスもおいしい^^ しっかり甘めのデザート。

a0082536_0462570.jpg


やや濃いめのしっかりした味。
温かい煮込み料理は、これからの季節にぴったり^^
受け継がれてきた歴史とモダンが心地よくあわさったお店です。


 +サモワール+
  R246の裏道を、池尻大橋駅から三茶方面へ。
  おわん+HAPPY♪+や洋食や"B"を過ぎ、R246に出る手前にあります。
  定休日はまだ決まっていないそう。
  平日の夜遅めの時間でしたがこの日は満席でした。


[PR]
by ibayima-ma | 2007-09-27 01:23 |

江戸蕎麦 ほそ川 @両国

江戸東京博物館近くの路地裏にある、美味しい十割そばを味わえるお店。
緑溢れるエントランスから暖簾をくぐると、土壁に包まれたしっとりした雰囲気の空間。
店内には草木がさりげなく生けられ、落ちついた空気が漂います。


a0082536_115622.jpg



広い土間にゆったりと置かれた温かみのある木のテーブル席。
奥には個室もあるようです。週末、かなり遅めの昼だったので、店内は人もまばら。
つまみを頼みつつ、ゆっくり蕎麦を味わいます~
メニューは厚みのある木のカバー。器も素敵です^^

a0082536_0271892.jpg


  むっちりしたあっつあつの蕎麦がき
  海苔で巻いて、わさび醤油でいただきます~

a0082536_027564.jpg


  ほや貝の塩辛

a0082536_0312090.jpg


  加茂なすの揚げびたし 

a0082536_0545333.jpg


  玉子焼き

a0082536_0331723.jpg


  水茄子

a0082536_055178.jpg


  ごぼうの天ぷら やわらかなごぼう、さっくさくに揚げられています^^

a0082536_0341038.jpg


  せいろ
  しっかりした弾力の香り高い十割そば。つるりと喉越しなめらかです。
  さっぱりした甘辛いつゆ。そば湯はとろーりとして美味い^^

a0082536_0183080.jpg


  いちぢくのラム酒煮
  蕎麦寒天に、あまーい香りのまるごといちじく。さっぱりして美味しい^^
  うえには蕎麦の実がのっています。
  カトラリーも素敵^^ 最後のデザートまで蕎麦を味わいつくしました~

a0082536_111020.jpg

 
 +江戸蕎麦 ほそ川+♪音あり+
 予約の電話はつながりにくく、なぜか留守電になったり(・ω・)
 結局、休日だからか昼だからなのか、予約は受けていないらしい。。 
 カード不可。
 

[PR]
by ibayima-ma | 2007-09-25 01:12 |

Cu-Cal クーカル   +メリメロ+ @軽井沢

昨年につづき夏限定で開催されている、軽井沢のフードフェスティバル"クーカル"。
夏の軽井沢に日本各地からシェフたちが集合し、地の食材などを取り入れながらつくる
オリジナルメニューが食べられるイベントです。今年は特設カウンターの目の前でシェフが
腕を奮う"シェフズテーブル"があるというので、予約を入れてみました~
週末のシェフズテーブルは飯田橋のビストロ、メリメロの宗像シェフ

今年の会場は、旧軽井沢ロータリー近くにあるショッピングモール"チャーチストリート軽井沢"。
にぎやかな旧軽銀座通りに面していますが、クーカルは建物の奥のほうにあり、
通りがかりではほとんど気づかないかんじ。
期間限定とは思えない、モダンな内装のダイニング。入口奥がレストラン形式に
なっていて、シェフたちによるオリジナルメニューを自由に組み合わせて食べられます。
ミラヴィル+HAPPY♪+の都志見シェフ、エルミタージュ・ドゥ ・タムラ+HAPPY♪+
田村シェフなどのシェフズテーブルもあり、フレンチやイタリアンのみならず
和食やラーメンの料理人たちも参加しています。
右手奥にある6席の特設カウンターがシェフズテーブル。
オープンキッチンにいる宗像シェフが、カウンターの目の前で腕を奮います~

ふと気づくと音のない静かな店内。もう少し活気があるかと思いきや。。
爽やかな風にのって、となりのラーメン屋のとんこつの匂いがほんのり漂ってきたりして
なんだか微妙な空気感。。


 +秋茄子のコンソメゼリー寄せ
  カマンベールチーズと湯葉のフォンデュ

  はじめて食す緑色のナス。皮は硬め、しっかりした野菜の甘みがあります。
  とろりとしたチーズ、湯葉と一緒に。カマンベールは吉田牧場のものだそう^^

a0082536_23435331.jpg


宗像シェフが緑のナスを見せてくれ、素材などの話をきいているうちに、少しずつ空気も
和やかに。。 先日の台風で軽井沢は停電、断水になったそうで、クーカルでも停電のため
冷蔵庫が使えず、急遽ラーメン屋台の冷蔵トラックでしのいだそうな。
2日間、臨時休館し、昨日から開店したそうです。復旧してよかった~(^_^;)
軽井沢では別荘地の木々が倒れたり、まだ復旧していないところもあるようでした。


香ばしく焼き上げられたフォカッチャ。
ふっくら甘みの広がる生地に、大粒の塩がきいていて美味しい^^ 朝、焼きあげたものだそう。

a0082536_234826100.jpg


 +まつたけ、里芋、栗のポタージュスープ

 七輪で焼いたまつたけの香り、秋の気配をかんじつついただきます~
 中にはふっくら柔らかい栗と里芋が入っています。 

a0082536_23484841.jpg


しばらくすると音響が直ったようで、軽やかな音楽が流れてきました^^ シェフの手で
手際よく、つぎつぎに生み出される料理に見とれつつ、あっという間に食べつくします~


 +山女の香味焼、きのこのフリカッセ
  バニュルスヴィネガー風味

a0082536_23514570.jpg


 ふっくらした山女。このワインビネガー、まろみがあってめちゃくちゃ美味い!
 南仏産。原料にバニュルスワインを使い、天然発酵でつくられているものだそう。


 +和牛ロースのステーキ
  そば粉のヌイュ添え

a0082536_2355799.jpg


 フライパンでじっくり焼き上げたロースを、最後に七輪で香ばしく焼き上げます。
 上にのっているのはにんじんの葉を揚げたもの。
 そば粉を使うなど、メニューには信州の素材を取り入れるようにしているそうです。


 +高森産ルバーブのブリオッシュペルデュ 
  そばの実ローストのアイスクリーム

a0082536_23565352.jpg


 ふっくら焼き上げられた生地。練りこまれているチーズと甘酸っぱいルバーブが
 美味しい^^ 牛乳のアイス、ネクタリンやブルーべーリーがそえられています。
 かなりお腹もいっぱいでしたが、デザートはやはり別腹。

a0082536_2358720.jpg



軽井沢という地で信州の食材を使い、いつもとは違うスタイルでシェフのオリジナルコースを
堪能できるのはすばらしい~ 
いろんな味を一度に味わいたい方はレストラン形式へ、シェフと対面で料理を堪能したいと
いう方はシェフズテーブルへ、いろんな楽しみ方ができるなかなか貴重なひととき。
ですが期間限定だけに、キッチンとホールのコンビネーションが慣れないかんじもあり。
キッチンからカウンターへの動線がなく、カウンターが満席になると皿の受け渡しが
座席の隙間からになったりと、料理の味と同じくらい、食事をいただく雰囲気やサービスって
大事だなーとつくづく感じました。


 +Cu-Cal(クーカル)@チャーチストリート軽井沢+ ☆07/7/15-9/24
  シェフズテーブルは予約制。

お腹いっぱい~散歩がてら・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-09-13 00:32 |

エルミタージュ・ドゥ・タムラ メルシャン美術館店 @長野 御代田

軽井沢からちょっと足をのばして、緑溢れるメルシャン軽井沢美術館+HAPPY♪+
にあるフレンチへ。南軽井沢にある本店は予約でいっぱい、メルシャン美術館店なら
まだ予約がとれるとのことで行ってみることにしました。

ワインやウイスキーなどのお店が入ったメルシャンプラザの2Fにあり、2方向に開いた
大きな窓からは緑の木立が見渡せる気持ちのいい店内。それほど広くはないのですが
オープンなスペースに30席ほどのテーブルがあり、どの席に座っても眺めはよさそう。
カジュアルな雰囲気です。コースは1種類、シェフのおまかせメニュー。

テーブルには絵の具のパレットの形をした陶器のお皿。
美術館でアートとともに食を楽しめるところがあればいいなーと常々思っていたので、
かなり楽しみ~ 期待も膨らみます。


  自家製プラムのソーダ

a0082536_0223574.jpg



  とうもろこしのムース

a0082536_044596.jpg



  スープの上でひらひらなびいているのは、じゃがいもをスライスしたもの。
  赤かぶでピンクの色をつけているそう。ほっくりイモの香りがします。
  とろ~りとした口当たり。コーンスープとは違い、ダイレクトにコーンの甘みが広がります。
  ふわふわしたムースの下にあるエビやコンソメスープともよくあいます。

12種類の野菜のサラダ・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-08-30 01:24 |

室町 @軽井沢 長倉

中軽井沢駅から千ヶ滝通りを車で5分ほどのところにある和食のお店。
車の通りのやや激しい通り沿いにありますが、静かで落ちついた雰囲気。
道路沿いに広い芝生の庭があり、庭に面した大きな開口は一面ガラス張りになっていて、
開放感あります。緑の芝生もきれい~
庭の木々はまだ小さいのですが、道路の向こうの緑が借景となり眺めもよく、
店内やテーブルの上のあちらこちらに、センスよくグリーンが置かれ和みます^^
奥にはグランドピアノがあり、これからコンサートなども行われるのかもしれませんね。
昼のおまかせコースをいただきました。


+前菜ニ品 
 エビ・ホタテと夏野菜のジュレがけ
 前菜から華やか~ かつおダシのジュレが涼しげです。

a0082536_23533745.jpg


軽井沢いんげんの白和え・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-08-01 00:21 |

無彩庵 @軽井沢 長倉

中軽井沢駅から南へ車で数分走ると、木立に包まれた落ちついた別荘地に入ります。
エルミタージュ・ドゥ・タムラの近くにある、田村シェフが手掛けたカジュアルフレンチのお店。
余裕で予約したつもりが11時の予約しかとれず、しかも10時半に到着(・ω・)
ちょっと早めのランチです。

a0082536_10086.jpg


いろいろな種類の苔や植物が生い茂るアプローチを通り抜け、大きな扉を開けると
高い天井のエントランスホール。裏庭の緑に視線が抜ける気持ちよいスペースです。
 
左手の大きな扉から中へ入ると、緑の庭に面した一面ガラス張りのダイニングスペース。
10席ほどのカウンター席と15席ほどのテーブル席があり、席間はやや狭め。
黒を基調にした無機質なインテリア。それほど広くはないけれど天井が高く、
ゆったりした空間です。アプローチの緑が瑞々しい~

車の通りがやや多めの道に面していますが、店内はとても静か。
カウンター席は緑と反対方向を向いていますが、正面が鏡張りになっていて、一面に
庭の緑が映りこみ開放感があります。

プリフィクスもありますが、おまかせコースに。メニューはアラカルトでも選べます。

a0082536_172035.jpg


VIVO(ヴィボ) ・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-07-24 02:21 |