カテゴリ:香( 9 )

春爛漫


a0082536_2021279.jpg



仕事に行く途中にある、ちいさな街かど広場にぽつりと咲くボケの花。
ピンクと白が微妙に融け合うかのように華やぐ花たちは枝いっぱいに咲き誇り、
かわいらしいちいさなつぼみもいっぱい。もうしばらく花見が楽しめそう。
まだまだ空気の冷たい朝、満開に咲く花たちを見ると心も軽やかに☆和みます~
ここだけひと足はやく春がやってきたかのようです^^


(09/3/18)
このお花、梅ではなくボケでした(ΘoΘ;) 修正させていただきます↑
[PR]
by ibayima-ma | 2009-03-12 23:43 |

東京散歩   +六義園+ @駒込

週末、一足早い春を感じに、前から行ってみたかった六義園(りくぎえん)に行ってきました。
駒込駅から10分ほど。1702年、五代将軍、徳川綱吉の信任が厚かった川越藩主、
柳沢吉保自らが設計し造り上げた庭園。明治時代には、三菱の創業者、岩崎彌太郎の
別邸になり、その後、東京市(都)に寄付され、1953年に国の特別名勝になったそうです。


a0082536_1914374.jpg

 

吉保の和歌の趣味が織り込まれた、回遊式築島泉水庭園・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-03-05 20:13 |

ラナンキュラス

三軒茶屋中央劇場近く、飲み屋街の一角にある"花吾屋"。三茶で飲んだ帰りに、ふらっと立ち寄りたくなるお花屋さんです。コンテナのようなちいさなお店のまわりは色とりどりの花が溢れ、いい雰囲気。屋根まで緑が置いてあり、店全体がお花たちで包まれているような素敵なお店です。店の前を通ると、部屋にさりげなく飾りたくなるような花や、はじめて見る美しい花たちと思わず目があってしまいます~

 
a0082536_124137.jpg


ひらひらした赤い花弁が重なるように咲くラナンキュラス。ペーパークラフトのようにふわっとしたボリューム感がかわいらしい。黄色のアカシアや、淡いグリーンやクリーム色の花々と一緒につくってもらったバレンタインブーケ。部屋の中に広がるほのかないい香り、お花畑のようです^^


 +ラナンキュラス+
  科属:キンポウゲ科ラナンキュラス属
 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-02-15 01:38 |

京都水尾 柚子の里

保津峡から車で15分ほどの山あいにある柚子の産地、水尾。
水尾柚子は秋から冬にかけて収穫されるそうで、この時期、水尾にある民家で柚子風呂と
地鶏の水炊き鍋を味わえるというので、秋真っ盛りの京都へ行ってきました。
ここ数日のどんより曇り空でしたが、日帰り1DAY京都で朝早くはりきって出発です~

京都駅からJR山陰本線へ乗り換え30分、馬堀に到着。
田園風景のつづく小道を少し歩いて、保津川沿いを走るトロッコ亀岡駅へ。
ほんとはJR嵯峨野線の保津峡駅で降りればいいのですが、ちょっと遠回りして、
紅葉のトロッコ列車に乗ってみました。朝早い時間でもトロッコ亀岡駅には人がいっぱい。
嵯峨嵐山からの列車は、保津川下り目あての人でさらにものすごい人、逆方面から乗って
正解でした(◎o◎) 立席でしたが、秋の保津峡を満喫☆



a0082536_15214277.jpg




亀岡駅のチケット売り場で、トロッコ保津峡駅はなーんにもないですが・・といわれたとおり
(・ω・)ほんとうになにもないちいさな無人駅。
観光客で賑わうトロッコ列車を見送ると、朝霧に包まれた静かな渓谷の風景が広がります。
保津峡にかかる橋を対岸へ渡り、渓谷沿いを数分歩いたJR保津峡駅近くで、
お世話になる民家"まる源”のお母さんと待ち合わせ。
お願いすると車で迎えに来てくれます。



a0082536_1403656.jpg




あたりはだんだんと山深くなり、山の中腹に雛壇状に佇む水尾の集落が見えてくるころ、
あちらこちらに黄色い柚子がたわわに実る景色が広がってきます。
水尾柚子は日本の柚子栽培の発祥の地といわれているそうで、ごつごつした形で香りよく、
京都の料亭などに出荷しているそう。


a0082536_1405818.jpg



水尾で柚子風呂&鍋が味わえる民家は数軒あり、最初は今年の予約受付当番という
"やまじゅう"というお宅に電話したところ予約でいっぱいということで、”まる源”を
紹介されました。ほんとうにふつうの民家ですが、木造の古い佇まいで雰囲気あります。
門から中に入るとゆったりした土間があり、田舎のおばあちゃんちにきたようなかんじ。
部屋はいくつかあり、先に何組かのグループがきているようでした。
この家は急斜面に建っていて、階段を数段あがった座敷に足を踏み入れた途端、
眼下に一面の柚子畑が広がります~


a0082536_1574280.jpg



黄色い柚子の実がたわわに実り、ちょうどおじさんがはしごの上で柚子の収穫をしています^^
まあるいころんとした柚子を、ひとつひとつ手作業で収穫をしているそうです。


a0082536_1432529.jpg



しばらく眺めていてもあきることのない、のどかな山里の風景。


a0082536_1411471.jpg



まずは柚子茶をいただきます。
輪切りにした柚子に砂糖がかけられていて、ポットのお湯をかけるだけ。
柚子の爽やかな香りが立ち、ほっこり癒されます~


a0082536_1435367.jpg



砂糖に漬けた、つやつや黄金色の柚子菓子。
柚子を皮ごと、砂糖で煮込んだもので、刺激や苦味もなく、ほんとうに素朴な柚子の香りです。
やさしいよい甘さ、やわらかくておいしい^^


a0082536_1443532.jpg



お昼のまえに、柚子風呂に入ることにしました。
風呂は玄関から階段を少し降りたところに、ちょっと広めの木のお風呂があります。
半分に切った柚子を木綿袋にたっぷり入れて湯舟に浮かべてあり、風呂いっぱいに
爽やかな柚子の香気がたちこめています。
窓の外の柚子の木を眺めながら湯舟につかると、身体の中からじんわり温まります~


a0082536_1453072.jpg



風呂あがり、座敷に戻ってさっそく水炊きをいただきます~
お通しは柚子味噌大根。


a0082536_1463862.jpg



柚子を練りこんだ餅、ゴロゴロした地鶏に地元産野菜いっぱいの鍋。
だし醤油には、みずみずしい柚子をぎゅーっと搾って。大きな種は籠でうけとめます^^


a0082536_1465832.jpg



水炊きでかなりお腹いっぱいでしたが、しめはご飯と卵で雑炊に。
デザートは柚子寒天。


a0082536_2115044.jpg



柚子三昧のほくほく鍋。
たっぷり柚子の香りと山里の豊かな味を満喫しました~


 +柚子の里 水尾(水尾保勝会)+
  期間限定。宿泊不可。
  予約は4人から。平日は2人でもだいじょうぶそうです。家によってちがうのかも。
  入浴用タオルあり。浴衣などはないので、風呂あがりに着る服があるとよいです。
 
++HAPPY♪ 京都 秋色散歩
[PR]
by ibayima-ma | 2007-12-01 02:03 |

丸山珈琲 @南軽井沢

南ヶ丘入口近くの静かな別荘地にある珈琲店。
普通のお家におじゃまするかのように玄関でくつを脱ぎ、ゆる~いかんじの昔ながらの 
雰囲気漂うダイニングへ。コーヒーの芳しい香りが店内いっぱいに広がっています。
オーナーの丸山健太郎さんが世界各地で買い付けてきたスペシャルティー・コーヒーという
生豆を、工房で自家焙煎し、丁寧に淹れたコーヒー。
コーヒープレスで淹れるコーヒーは風味よく、豆の旨みがダイレクトに味わえます。


  コロンビア・コジャソス・ロハス
  軽く爽やかな口当たり、香り高くなめらかな味わいです~
  
a0082536_0404120.jpg


  はちみつロールケーキ 
  ざっくりとした懐かしい味。ケーキも美味しい~

a0082536_0414754.jpg
 

 +丸山珈琲+
  店内禁煙。お店で豆の販売もしています。豆はツルヤでも買えます^^

  8月に、喫茶店のみ今年の10月31日で終了、という看板が出ていました(・ω・)
  先日行ったときに話をきくと、その後の予定はまだ未定だそう。気になります。。
 

近くの軽井沢離山公園で開催されている・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2007-09-14 01:18 |

ダージリン 2006 セカンドフラッシュ マーガレットホップ農園

吉祥寺にある紅茶専門店"G clef(ジークレフ)"
小さな店内には、いろんな農園、種類、時期の茶葉がいっぱい並び、飲んでみたい
茶葉があれば、お店で美味しい紅茶を淹れてくれます。
紅茶はよくわからないのですが(^◇^;)、お店の方が今年の紅茶や農園の特徴を
ていねいに教えてくれます~
a0082536_017182.jpg

芳醇な香り~ 飲んだ後、口いっぱいにまろやかな味が広がります^^
以前に飲んだ1nd フラッシュは、清々しいフレッシュな味で、色も薄いグリーンがかって
いましたが、2nd フラッシュは透きとおった美しいオレンジ色。  
寒い冬、体も気分も温まります^^

a0082536_0434140.jpg

 +ダージリン 2006 セカンドフラッシュ マーガレットホップ農園+
  EX-12 Muscatel Delight
  原産国:インド

  セカンドフラッシュ:春から秋まで収穫されるダージリンティのうち、5月半ばから6月はじめ
            までの2週間ほどの間に収穫される夏摘み茶。
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-02-27 00:39 |

オリエンタルリリー

a0082536_0515742.jpg

うねるように伸びる艶やかな緑の葉に包まれ、淡いピンク色をした大輪の花を咲かせます。
10輪ほどの大きなつぼみは、気がつくと次々に華麗な花を咲かせ、部屋いっぱいに
甘い香気を漂わせていました。

美しく咲き誇った花々は、日に日に香りを強め、生き生きとまばゆいほどの輝きを見せてくれます。
ものすごい生命力を感じるお花です☆

 +オリエンタルリリー+
  科属:ユリ科ユリ属
 
[PR]
by ibayima-ma | 2006-11-17 01:30 |

ユーカリ 銀世界

まあるい小さな葉っぱの表面は美しい白銀色をしています。
朝日を浴びてシルバーに輝きながら、スーッと爽やかな香りを漂わせます☆
肉厚の丸葉がポワポワ連なる姿が愛らしく、見ていると気分もほんわりしてくるようです~
a0082536_10125048.jpg

  +ユーカリ 銀世界+
   学名:Eucalyptus Gin-Sekai
   科名:フトモモ科
   福島産
 
[PR]
by ibayima-ma | 2006-10-18 10:11 |

今古茶藉 青茶   +白葉単そう+

新宿OZONEのイベント"夏の大茶会"で青茶を買いました。
中国茶にはたくさんの種類があり、味、香り、見た目にもいろいろ楽しむことができます。
青茶は半発酵のお茶、きょうは「白葉単そう#3」を淹れてみました。
単そうの品質(#1・#2・#3)によっても味が微妙に違うそうです。
a0082536_2252351.jpg

茶葉は細くよく乾いていて、甘い清涼感のある香り。
熱いお湯を茶葉に注ぎ、ゆーっくりじーっくり蒸します(*^ー^*) 
a0082536_2255078.jpg

白葉単そうは、香り高く、まろやかな味わい。
飲んだ後口の中に、じわ~っとさらなる甘みと香りが広がります。
渋みに変わる手前の、いちばんうまみがでる瞬間。
余韻を楽しみながら、夏のおとずれを実感します。

 +青茶(白葉単そう#1・#2・#3)+ 
  産地:広東(鳳凰山)

 +青茶(鉄観音3+)+
  産地:福建(安渓)

 +青茶(鳳凰単そう3)+ 
  産地:広東(鳳凰山)

今古茶藉
 
[PR]
by ibayima-ma | 2006-07-16 22:57 |