タグ:ホテル ( 29 ) タグの人気記事

Hotel Africa ホテル・アフリカ @チュニス

新市街のメインストリート、ハビブ・ブルギバ通りの中心にあるホテル。
メディナの入口やTGMのチュニス・マリン駅にも近い、便利なロケーションです。
大きな吹抜け空間の、都会的な雰囲気漂うロビーラウンジ。
びしっと制服を着こなすベルボーイさんが迎えてくれます。


a0082536_2074768.jpg

 

廊下には赤いカーペットが敷きつめられています・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-02-27 20:38 |  >>Tunisie

ダール・エル・メディナ 4 @チュニス

チュニジア最終日の朝、とーってもよく晴れていたのでホテルの屋上でゆっくり
過ごすことにしました。中庭を囲む屋上は、ゲストのための憩いの場。
ひしめき合うように建ち並ぶメディナの邸宅の中に、こんなくつろぎの空間があるなんて~
メディナの空を独り占めしているかのような気分です^^



a0082536_18132726.jpg





a0082536_1826109.jpg




屋上にあがったすぐ横にある、列柱とカーテンで仕切られたサロンスペース。
アラブ式の台座は特等席。ござが敷かれたスペースには、ふっかふかの大きな
クッションがあり、ぽかぽか温かい陽射しに包みこまれます~



a0082536_2081343.jpg





a0082536_18263097.jpg




サロンからさらに階段を数段のぼると、目の前にメディナのパノラマが広がります~
晴れ渡る青空。高い建物がなく、はるか遠くまで見晴らすことができる気持ちいい眺め。



a0082536_1830366.jpg




建物の屋上にたなびく絨毯や洗濯物。
生活感溢れるメディナの日常が、ちょっとだけ近くに感じられます^^



a0082536_18301767.jpg





a0082536_18313116.jpg




中庭でも洗濯物を干しています。テラスのアーチとタイルも素敵。



a0082536_18331336.jpg





a0082536_1836558.jpg




クッションにもたれかかり、ミントティを飲みながらしばしまったりー
あまりの心地よさに、しばらくそこから動けなくなりました(*´∇`*)



a0082536_1837452.jpg




++HAPPY♪ ダール・エル・メディナ  @チュニス

Dar El Medina・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-02-20 19:30 |  >>Tunisie

ダール・エル・メディナ 3 @チュニス

夜明けまえ、まだ真っ暗いうちから目覚める。
窓の外から静かにコーランが聞こえてくる頃、だんだんと空が明るくなってきます。
陽が昇るとともに活動をはじめ、日が沈むと1日がおわる。
雨が降れば部屋で本を読んで過ごし、天気がいいとお散歩へ~ 
そんな気ままなチュニジア旅。


a0082536_1405091.jpg



朝食はエントランス近くにあるカフェで。
かわいい装飾が施された楕円の窓。外はまだ薄暗く、街は青白い光に包まれています。


a0082536_1403330.jpg


フレッシュオレンジジュースでお目覚め。


a0082536_143464.jpg




a0082536_145481.jpg



野菜&チーズ、オリーブ、半熟卵、コンフィチュール&バター、ホームメイドパン&ケーキ、
コーヒー。野菜とチーズはパンにはさんでいただきます~
卵はきれいに割れました^^


a0082536_1445100.jpg




a0082536_1444474.jpg



あ~幸せな朝のひととき^^


a0082536_1454186.jpg




a0082536_1465233.jpg

 
 

朝食の後、レセプションの前をとおるとオーナーらしきおじさんに声をかけられ・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-02-05 02:25 |  >>Tunisie

ダール・エル・メディナ 2 @チュニス


a0082536_117503.jpg



部屋は全12室、それぞれチュニジアの昔の女性の名前がつけられているそうで、
ここは"Bibi"というお部屋です。チュニジアでは魚はお守りなんだそう。
とってもかわいいキーホルダーですが、でかくてちょっと重い。。 
外出するときはレセプションに預けます~
 

落ちついたピンクのファブリックの、温かな風合いの内装・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-02-02 02:07 |  >>Tunisie

Dar El Medina ダール・エル・メディナ 1 @チュニス

ランチの後、シディ・ブ・サイドに別れをつげ、TGMでチュニスへ戻ります~
メディナ(旧市街)の喧騒の中で、ほんのひととき暮らすように滞在したいという長年の夢が
ついに実現。メディナにある邸宅ホテルで3泊の滞在です(*´∇`*)

チュニス・マリン駅からタクシーで、メディナの東端にあるバブ・ブハル(フランス門)へ行く
予定が、タクシーは英語がまったく通じず。。 地図をみせたらなんとかわかったようですが、
ハビブ・ブルギバ通りを直進方向のはずなのにぐるりと遠回りしているかんじ。。 着いた
ところはフランス門とはまったく反対方向にあるメディナの西端、カスバ広場でした(ΘoΘ;)
メディナの中までタクシーで入れないため、ホテルまで数分、石畳を歩いて向かいます。
実はホテルはカスバ広場からの方が近く、運転手が間違えてくれたおかげで
助かったのですが、値段交渉はまたまた一苦労(ΘoΘ;) おまけに着いたときは
現在地がわからず、道をたずねてもフランス語がまったくわからず大変でした~

カスバ広場近くは、首相官邸やモスクがありにぎやかですが、メディナに入ると
スークのシャッターはほとんど閉まっていて、街は静まりかえっています。
メディナの石畳の路地を迷いつつ、ようやくホテルに到着。


a0082536_03149.jpg




a0082536_024382.jpg



180年ほど前に建てられた古い屋敷(ダール)を改装したホテル。
メディナの狭い路地からつづき石畳のアプローチ。木の扉をくぐるとちいさなレセプションが
あります。なんだか気むずかしそうなおじさんがでてきて、簡単にチェックインの手続き。
フレッシュオレンジジュースのウェルカムドリンクをいただきます^^


a0082536_034166.jpg



手工芸やアンティークギャラリーのような雰囲気のインテリア。
階段を上ると、廊下の下がり壁の上に腰かけたおじさんが迎えてくれます~


a0082536_035840.jpg



みやげもの屋さんでも見かける戦士の人形


a0082536_0733100.jpg



2F廊下にある、タイルで彩られたちいさな中庭。
高い壁で囲われている中庭は空が切り取られたかのようにすっぽり抜けていて、
ちいさなスペースながら開放感あります。部屋の近くでちょっと気分を変えて
読書をしたりするのにちょうどいいかんじ。


a0082536_011750.jpg




a0082536_075172.jpg



彩り豊かなデザインのタイルがかわいい


a0082536_0142621.jpg



廊下から階段をすこし上がったところに部屋があります。きれいな水色の扉。
上を見上げると天窓になっていてとても明るい。
部屋の下は物入れになっているようで、いつもすこしだけ扉が開いていて、朝ときどき
ホテルの人が出入りしているのに出くわすこともあり、ちょっとだけ気になりました。。


a0082536_0251049.jpg




a0082536_0253092.jpg



お部屋、かなり期待できそう~
 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-31 00:40 |  >>Tunisie

ダール・サイッド 3 @チュニジア シディ・ブ・サイド

朝、目が覚めると外はまだ真っ暗。時差と夜早く寝てしまうせいか、めちゃめちゃ早く
起きてしまうのですがチュニジアの夜明けは遅く、7時すぎにならないと明るくならない。
きのうの夜は軽くサンドイッチだったので、朝食が待ちどおしい~
空がすこし明るくなってきた頃、ダイニングへ。


a0082536_17272490.jpg



ゲストルームの廊下つきあたりにあるプール。地中海を眺めながら、朝の空気を
吸い込みます~ 夏はプールサイドで朝食が食べられるようです。


a0082536_17433653.jpg



ダイニングはエントランスホールの隣、サロンにつづく部屋で。ここも天井が高く、
優美なシャンデリアが輝きます。朝早すぎてまだ誰もいないダイニングルームを
貸切状態。テーブルのうえには、つぎつぎに朝食が運ばれてきます~


a0082536_174483.jpg



フレッシュオレンジジュース 
オレンジまるごとぎゅーっとしぼりたて^^


a0082536_1745112.jpg




a0082536_17534894.jpg



チョコクロワッサン、パンにバターとコンフィチュール、ハム、チーズ、半熟たまご、ヨーグルト。
濃厚なトルココーヒーにはミルクを入れて。


a0082536_17541432.jpg




a0082536_17544372.jpg



ブルーのラインの食器もかわいい。


a0082536_17464154.jpg




a0082536_186310.jpg



ダイニングの窓からは朝の街の景色が眺められ、ほんのひとときですがダールの住人に
なったかのような気分。1泊だけですが自分の家にいるかのようにくつろげました(*´∇`*)


a0082536_1874593.jpg



Dar Said
 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-22 18:14 |  >>Tunisie

ダール・サイッド 2 @チュニジア シディ・ブ・サイド

昼食後、ホテルに戻りチェックイン。エントランスホールの隣にある,、
高い天井にシャンデリアが輝く素敵なサロンへとおされます。
ウェルカムフラワーのジャスミンは爽やかないい香り^^ 


a0082536_0123760.jpg



ホテルのエントランスや中庭にも白いジャスミンの花が咲き乱れていて、
ほんわかいい香りに包まれています。
パスポートを待っているあいだ、自家製レモネードをいただきます~



a0082536_02636100.jpg




a0082536_0251069.jpg




a0082536_0234424.jpg



もともと邸宅だった建物には24室のゲストルームがあり、つくりは部屋ごとに違うらしい。
エントランスホールからタイルで彩られた美しい中庭を通り抜け、さらに廊下を歩いていくと
左手にもちいさな中庭がいくつか並んでいます。


a0082536_02744.jpg




a0082536_0354558.jpg



緑いっぱいの温室のような明るい中庭のまわりに、部屋が3室ほどあります。
天窓からはやわらかな光が差し込みます~


a0082536_0363058.jpg



クリームイエローの壁に、落ちついたパステルカラーのファブリックの部屋。
入口の青い扉を開けるとすぐにベットがあるちいさな部屋ですが、天井が高く、
いい香りに包まれたとても心地よい部屋。


a0082536_0424596.jpg



天井の形状がかわいい^^


a0082536_0564330.jpg




a0082536_0513236.jpg



この部屋には窓がないのですが、入口の扉は内側の木製扉を開くと光を入れることが
できます。ここから外の様子をうかがったり、天気をみることができて便利。
中庭に人がいると声は響きますが、それほど気にはなりません。


a0082536_0515514.jpg



バスルームはコンパクトですが、彩り鮮やかなタイルがかわいい。
清潔感あり、タオルもいい香りでした~


a0082536_0541813.jpg




a0082536_0545963.jpg




a0082536_0554835.jpg



このホテルの鍵もずっしり重い。


a0082536_059614.jpg




夕方、雨が降りだしたのでしばらく部屋でくつろいでいたら、いつのまにか熟睡してしまい、
起きたらあたりはすっかり暗くなっていました~ まだそれほどお腹もすいていないので、
夜はホテル近くの"カフェ・シディ・シャバーン"で軽めの夕食。
雨上がりの街は、白い石畳に外灯の光が反射して幻想的~


a0082536_112275.jpg



海岸を見下ろす断崖にあるオープンエアのカフェ。
雨上がり、カフェには1組だけでほとんど人はいない。


a0082536_114559.jpg



斜面に沿って段状にテラスがあり、ゴザが敷かれたテラス席に座ると、眼下の港と
ボン岬の夜景を見晴らせます。ほんとは日の入りの頃がとてもきれいなんだそうですが、
寝過ごしたおかげ、静まりかえった暗闇の中でしばし地中海の夜景を独り占め^^


a0082536_1134123.jpg

    
 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-21 01:25 |  >>Tunisie

Dar Said ダール・サイッド 1 @チュニジア シディ・ブ・サイド

ホテルからタクシーで、チュニス中心部にあるチュニス・マリン駅へ。
そこからカルタゴ海岸へ延びる郊外電車(TGM)で30分ほどのところにある、
白と青のコントラストが美しい街、シディ・ブ・サイドへ向かいます~

地中海の街並みと同じ、マリンブルーのちいさな列車。
2等席の切符を買って乗り込むと、それほど待たずに発車。切符もマリンカラーでかわいい。
TGMはチュニジア庶民の足になっているようで、運賃は安く本数もあり、結構混んでいます。
ドアは降りるときは手動。閉まるのは自動のようですが、半開き状態のまま出発~
車内では子供がサッカーボールを転がしたり、走行中、ドアを開っぱなしにして遊んだりで
にぎやか。若者はお年寄りに席を譲っていたり、チュニジアの日常が垣間見られて楽しい。


a0082536_20505316.jpg



チュニスを出発すると、電車は大きなチュニス湖の真中を走りぬけます。
線路のすぐ先に水面があり、車窓の両側に一面湖の景色がしばらくつづきます。
途中、建設中の大きな橋があり、"TUNISIA""JAPANと"いう垂れ幕がかかっていました。
この橋が完成すればチュニスの交通渋滞がかなり緩和されるそう。
チュニジアでは街を歩いていると、ジャポネ、ナカタ・・と日本語で親しげに
声をかけられますが、観光客やサッカーでだけでなく、こんなところでも国際交流があるらしい。


a0082536_20564467.jpg



シディ・ブ・サイドに到着。オレンジの木がつづく石畳の坂道をのぼっていくと、
真っ白い壁に鮮やかなブルーの窓や扉が美しい街並みが広がります。
きれいな花をつけたサボテンや大きなナツメヤシの木があちこちにあり、南国っぽい風景。
メインストリートにはみやげもの屋がたち並び、シディ・ブ・サイド特産の鳥かごや
チュニジアンブルーのきれいなお皿などに引き寄せられつつも、まずはホテルをめざします。
街の中心を過ぎたあたりですこし迷っていると、街角でたたずむおじさんがあっちにホテルが
あるよと教えてくれて、無事到着。


a0082536_2129223.jpg



オレンジがたわわに実る、石畳の階段をのぼったところにある白い建物。
ホテルのロゴマークのサインがかわいい~


a0082536_21325520.jpg



19世紀半ばに建てられたダール(屋敷)を改装した邸宅ホテル。


a0082536_2136563.jpg




a0082536_21385963.jpg



砕いたタイルをはりあわせた階段をあがると、おおきなチュニジアンブルーの扉^^


a0082536_21393315.jpg




a0082536_21412597.jpg



扉をくぐると、アール型の天井にタイルやレリーフがかわいいエントランスホールがあり、
その横に小さなレセプションがあります。まだ朝はやくチェックインまで時間があったので、
ホテルで荷物を預かってもらい散歩にでかけます~ 


a0082536_214262.jpg




a0082536_21445213.jpg



ホテルには地中海にのぞむ庭があり、オレンジの木やサボテン、お花が咲いています^^
楽園に迷い込んだかのような、素敵なプライべートガーデン。


a0082536_21494689.jpg



ビッグパイナップルのよう^^


a0082536_21511854.jpg



タイルは庭のアプローチにも敷かれています。サボテンかわいい^^


a0082536_2154536.jpg



夏は庭のテラスでゆっくり過ごすのもよさそう。


a0082536_21572033.jpg



ホテルをでると、石畳の小径のむこうは地中海です^^

 
a0082536_2158522.jpg

  
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-09 22:02 |  >>Tunisie

Maison Blanche メゾン・ブランシュ @チュニス

チュニジア1日目は、チュニス中心部の北、モンプレジール地区にあるホテル。
こじんまりとしたレセプションでチェックインをすませ部屋に向かいますが、
エレベーターが遅くてなかなかこない~ 


a0082536_1155491.jpg


廊下の照明は節電対策か、人感センサーで点灯・・++
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-09 02:52 |  >>Tunisie

ペストリー・ブティック   +ヌーベル+ @パークハイアット東京


Happy Christmas~♪

薪をモチーフしたクリスマスケーキ。なめらかな口溶けの、あまーいミルキーな
ホワイトチョコレートムースに包まれたブッシュ・ド・ノエルです。
中にはふんわりしっとりのビスキュイ生地と、甘酸っぱいベリーのコンポートが折り重なり、
底のさっくりした香ばしい生地&ピスタチオの食感も楽しめます(*´~`*)
降り積もる白い雪のようなムースに、 ワインレッド&シルバーのシンプルなデコレーションが
かわいい、大人のクリスマスケーキです☆

a0082536_105642100.jpg


お気に入り、シンプルなクリスマスケーキ+HAPPY♪+とかなり迷いましたが、
ホワイトチョコムースもさっぱりした甘さでおいしかったー 来年はますます迷いそう。。

ペストリー・ブティック クリスマスセレクション @パークハイアット東京+
  

[PR]
by ibayima-ma | 2007-12-25 10:52 |