タグ:秋 ( 23 ) タグの人気記事

次郎柿


a0082536_20492589.jpg



おばあちゃんちの庭に柿がいっぱい実ったので、みんなで柿とりにいきました~ 樹齢40年ほどの木にたたわに実る柿の実を、2Fベランダから高枝切りはさみでつかんでとります。のびのび伸びた枝や葉と、眩しい太陽の光のせいでなかなか思うようにとれない(*ー*) うっかり落下した実は庭でキャッチ。4人がかりで2時間ほどかけ、ようやく終了。さいごに残った、枝のいちばん高いところにあるおいしそうな実は鳥たちへのプレゼント☆ 今年は大豊作、400個もとれました! 

ちょっといびつな形をしていますが、あまーくておいしい次郎柿。ビタミンCたっぷりの柿、毎朝せっせと食べています。柿ゼリーを作ってみましたが、そのまま生で食べたほうがおいしい。。 
普段しなれないことをして、翌日は筋肉痛でしたが。。 楽しい秋の1日と自然の恵みに感謝です^^




























 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-11-27 20:36

高松ゆるーり散歩   +栗林公園+

早起きして早朝の栗林公園へ。北湖の畔に建つ離れの茶室、花園亭で朝粥をいただきす。池の上に張り出すようにして造られた開放的な座敷に座ると、目の前に大きな紫雲山が静かに佇み、朝靄に包まれた庭を間近に眺めることができます。朝粥は予約制。30分おきに予約を入れているようで、食べ終わったらすぐに追い出されますが。。それでも優雅な朝のひとときを味わえます~



a0082536_1583646.jpg





a0082536_1592894.jpg





a0082536_159214.jpg





a0082536_1584836.jpg




栗林公園は江戸時代初期につくられた池泉回遊式の大名庭園。讃岐領主生駒家が築庭し、その後初代高松藩主の松平頼重に引き継がれ、100年あまりの歳月をかけて完成したそうな。紫雲山の東麓にある広大な敷地には、いくつもの築山や池、松林が広がり、歩きながらさまざまな趣に変化する景色が楽しめます。朝から降っていた雨は止み、空がだんだん明るくなってきました。松の葉に滴る美しい雨露、ほんのり色づきはじめた木々を眺めながら、雨上がりの庭園をお散歩。紅葉の頃もきれいだろーな。早朝は人も少なく、静かな朝の散歩を楽しめます。



a0082536_15102239.jpg





a0082536_1511495.jpg





a0082536_1511538.jpg





a0082536_15123488.jpg





a0082536_15124044.jpg





a0082536_15124842.jpg





a0082536_15125354.jpg





a0082536_1513087.jpg





a0082536_1513664.jpg




南庭をひとまわりした後、湖の畔に建つ数寄屋風の茶室、掬月亭で抹茶をいただきます。書院造りの建物は、低い床が水面に近く、3方開け放された開放感あふれる造り。池に浮かんでいるかのような感覚で、しばし目の前の景色をひとり占め^^ 内部の細やかな意匠も見ごたえあり。こんなとこで宴会してみたい~



a0082536_15134377.jpg





a0082536_15135060.jpg





a0082536_15135750.jpg





a0082536_1514546.jpg





a0082536_15141235.jpg





a0082536_15141811.jpg





a0082536_1514261.jpg





a0082536_1515346.jpg




新日暮亭。にょきっとした苔あたまの灯籠がかわいい^^



a0082536_1623108.jpg





a0082536_15151022.jpg




新日暮亭の裏には桶樋滝が流れ落ち、赤壁の荒々しい石肌がかっこいい。



a0082536_15151655.jpg




庭園内にある讃岐民芸館には、ジョージ・ナカシマ+HAPPY♪+の家具、讃岐の民芸品や木工家具、鬼瓦などが展示してありなかなかおもしろい。喫茶コーナーで見つけた小豆島"オリーブサイダー"。青リンゴのような爽やかな風味。レトロっぽいラベルもかわいい。次回は小豆島~直島~淡路島へ行ってみたいなー



a0082536_15152236.jpg

 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-11-24 20:15 |

伊賀焼の郷 長谷園 ecoかまど

伊賀焼のおかまが届きました~ 
家でもおいしいご飯が食べたい!ということで前からほしかったおかま。ホームベーカリーと同じく使いこなす自信がなくどうしようか迷っているうちに、タイミングよくエコタイプが登場。
新製品のため1ヶ月ほど待ち、ようやく家にやってきました^^


a0082536_15591.jpg



おかまは外釜、内釜、中釜、上釜の4層でずっしり重め。陶製の外釜が熱を逃さず蓄熱するため短時間でおいしいご飯が炊き上がるというecoかまど。伊賀の陶土は耐火度が高く、土鍋本体がしっかり熱を蓄えてお米の芯までじっくりと火を通し旨みを逃さないのだそう。
炊き方は思っていたより簡単で、途中で火の調整はいりません。米を20分水に浸し、2合炊きの場合、中強火で8分炊いて20分蒸らします。炊き上げ時間を1分ほど延ばすとおこげができ、残りご飯をそのまま雑炊にすることもできるそう。火の加減のせいか、まだうまくおこげができない。。


a0082536_1553576.jpg



かまどで炊いたようなふっくらご飯はほんとうにうまい! 同じ米なのに米粒のつや、弾力、甘み、旨みの違いにびっくり。炊きたてご飯と紅梅園の梅干し+HAPPY♪+があればもう大満足。土鍋はやや重いのと、しっかり乾燥させる必要があるのでメンテナンスはひと手間かかりますが、使いはじめるともう炊飯器には戻れない(*´~`*)


a0082536_22141696.jpg



Oisixから届いたお米で、艶やかな新米ご飯を炊きました~


a0082536_22143284.jpg



恵比寿に長谷園の"イガモノ東京店"があり、いろんな土鍋が見られます。
黒穀米と蓋付きお茶碗もあわせて買ってみました^^


a0082536_1555163.jpg



+伊賀焼の郷 長谷園 ecoかまど+
 長谷製陶(株)
 
+もくもく黒穀米+
 原材料名:うるち米、もち米、黒豆(黒大豆)、ひじき、黒ごま
 販売:伊賀の里 モクモク手づくりファーム 
  
[PR]
by ibayima-ma | 2008-10-03 23:21 |

宝泉   +丹波栗しるこ+ @京都

下鴨神社+HAPPY♪+近くにある和菓子処、宝泉+HAPPY♪+
京都駅の新幹線改札を入ったところにもお店があり、いつもは庭を眺めるゆったりした
お座敷の本店でたべたい!と、おみやげを買うくらいなのですが、この日はあまりにも
歩きすぎてくたくた(ΘoΘ) 甘いものもたべてない~ということで入ってみました。
夕方、店内はそれほど混んでおらず、ゆったりした雰囲気でなかなか落ち着きます。
相変わらずメニューをみながらかなり悩みましたが、秋季限定に惹かれ。。


  丹波栗しるこ

a0082536_1323572.jpg


あまーい濃厚な栗の香り。マロンスープのようななめらかな舌触りのお汁粉。
中にはホコホコのやらわかい丹波栗がごろっと2つ、ほっくり秋味をまるごといただけます^^ 
見た目にも秋らしく、宝泉らしい五感で味わう優しい味わいに、くたくた疲れも一気に
ふきとんでしまいました☆

a0082536_050244.jpg



いつも新幹線の時間までちょっと時間があると、改札はいったところにある喫茶店に
入るのですが、席間がちかくいつも混んでいて落ちつかず(*ー*) 
小腹がすいたら京都駅ビルの京都拉麺小路でうろうろしていましたが・・
これからは京都の〆は宝泉できまりかも。
 

[PR]
by ibayima-ma | 2007-12-05 00:53 |

京都 秋色散歩

柚子風呂と水炊き鍋を堪能した後、一息ついて水尾の集落を散歩してみることにしました。
まる源+HAPPY♪+をさらに奥へ行った山の中腹に、清和天皇陵があります。腹ごなしがてらと
思ったのですが、往復1時間くらいのちょっとした登山ときいてやや尻込みつつ出発。。
平安期に即位した清和天皇はこの地を愛し余生を送りたいと望んでいたそうですが、
夢は叶わず、遺言で水尾に陵墓を作るように命じたのだそうです。


a0082536_22373228.jpg



柚子畑は収穫真っ盛り。あちこちの畑で、おじさんがはしごに登って柚子の実を収穫中。
黄金色の柚子で彩られる光景は、収穫し終わるまでのこの時期だけだそう。
どこからともなくほんのり柚子の香りがたちこめてきます~


a0082536_22383832.jpg



途中、いくつかの民家の前で、もぎたて柚子が無人販売されています。
静かな山里、人気もなくほんとうに静かな場所。


a0082536_22424173.jpg



柚子畑のトンネルを下っていくと清流が流れているところがあり、木々の葉が美しく
色づいています。鮮やかな色のグラデーションが美しい~


a0082536_22453413.jpg




a0082536_23322236.jpg



そこからはきつい上り坂。道は整備されていますが、かなり急勾配の山道をしばらく歩くと、
清和天皇陵にたどりつきます。あたりは鬱蒼とした大木に覆われ、門と石碑のほかには
何もなく、風にゆれる木のざわめきと鳥の鳴き声のみが響きます。
しばし静寂に包まれながら休息。帰りの下り坂も勾配がきつく、ややバテ気味。。

"まる源"で預かってもらっていた荷物をうけとり、さらにトロッコ保津峡駅まで4kmほどの
山道を1時間ほど歩きます。意外と距離があるので、帰り道も送ってもらえばよかった。。 



a0082536_22564783.jpg



夕暮れ、茜色のトロッコ列車に乗って嵯峨嵐山へ。
歩きすぎてかなりくたくたでしたが、紅葉にさそわれて嵯峨野を散策。
のどかな散策道には、12月に行われる花灯路 +HAPPY♪+の灯籠が準備されています。


平家物語ゆかりの寺、祗王寺。
お寺の中だけ空がぱっと明るくなり、眩いばかりの美しい紅葉。
鄙びた草庵も雰囲気あります。


a0082536_2323548.jpg



苔むした緑のじゅうたんに散った紅葉もきれい^^


a0082536_234203.jpg



平安期、白河天皇により建てられた宝筐院。臨済宗のお寺。
人力車のお兄さんが、今一番の見所のひとつといっていた場所です。
拝観料を払い中に入った瞬間、目に沁みる鮮やかな真紅の楓に心打たれます~
回遊式の枯山水庭園をぐるりと一周。
閉館間際だったため人気もほとんどなく、静かに燃え上がる紅葉を満喫。


a0082536_23104442.jpg



嵯峨野の紅葉までちょこっと楽んで、なんとも贅沢な秋の1日でした☆
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-12-02 23:31 |  >>Kyoto

京都水尾 柚子の里

保津峡から車で15分ほどの山あいにある柚子の産地、水尾。
水尾柚子は秋から冬にかけて収穫されるそうで、この時期、水尾にある民家で柚子風呂と
地鶏の水炊き鍋を味わえるというので、秋真っ盛りの京都へ行ってきました。
ここ数日のどんより曇り空でしたが、日帰り1DAY京都で朝早くはりきって出発です~

京都駅からJR山陰本線へ乗り換え30分、馬堀に到着。
田園風景のつづく小道を少し歩いて、保津川沿いを走るトロッコ亀岡駅へ。
ほんとはJR嵯峨野線の保津峡駅で降りればいいのですが、ちょっと遠回りして、
紅葉のトロッコ列車に乗ってみました。朝早い時間でもトロッコ亀岡駅には人がいっぱい。
嵯峨嵐山からの列車は、保津川下り目あての人でさらにものすごい人、逆方面から乗って
正解でした(◎o◎) 立席でしたが、秋の保津峡を満喫☆



a0082536_15214277.jpg




亀岡駅のチケット売り場で、トロッコ保津峡駅はなーんにもないですが・・といわれたとおり
(・ω・)ほんとうになにもないちいさな無人駅。
観光客で賑わうトロッコ列車を見送ると、朝霧に包まれた静かな渓谷の風景が広がります。
保津峡にかかる橋を対岸へ渡り、渓谷沿いを数分歩いたJR保津峡駅近くで、
お世話になる民家"まる源”のお母さんと待ち合わせ。
お願いすると車で迎えに来てくれます。



a0082536_1403656.jpg




あたりはだんだんと山深くなり、山の中腹に雛壇状に佇む水尾の集落が見えてくるころ、
あちらこちらに黄色い柚子がたわわに実る景色が広がってきます。
水尾柚子は日本の柚子栽培の発祥の地といわれているそうで、ごつごつした形で香りよく、
京都の料亭などに出荷しているそう。


a0082536_1405818.jpg



水尾で柚子風呂&鍋が味わえる民家は数軒あり、最初は今年の予約受付当番という
"やまじゅう"というお宅に電話したところ予約でいっぱいということで、”まる源”を
紹介されました。ほんとうにふつうの民家ですが、木造の古い佇まいで雰囲気あります。
門から中に入るとゆったりした土間があり、田舎のおばあちゃんちにきたようなかんじ。
部屋はいくつかあり、先に何組かのグループがきているようでした。
この家は急斜面に建っていて、階段を数段あがった座敷に足を踏み入れた途端、
眼下に一面の柚子畑が広がります~


a0082536_1574280.jpg



黄色い柚子の実がたわわに実り、ちょうどおじさんがはしごの上で柚子の収穫をしています^^
まあるいころんとした柚子を、ひとつひとつ手作業で収穫をしているそうです。


a0082536_1432529.jpg



しばらく眺めていてもあきることのない、のどかな山里の風景。


a0082536_1411471.jpg



まずは柚子茶をいただきます。
輪切りにした柚子に砂糖がかけられていて、ポットのお湯をかけるだけ。
柚子の爽やかな香りが立ち、ほっこり癒されます~


a0082536_1435367.jpg



砂糖に漬けた、つやつや黄金色の柚子菓子。
柚子を皮ごと、砂糖で煮込んだもので、刺激や苦味もなく、ほんとうに素朴な柚子の香りです。
やさしいよい甘さ、やわらかくておいしい^^


a0082536_1443532.jpg



お昼のまえに、柚子風呂に入ることにしました。
風呂は玄関から階段を少し降りたところに、ちょっと広めの木のお風呂があります。
半分に切った柚子を木綿袋にたっぷり入れて湯舟に浮かべてあり、風呂いっぱいに
爽やかな柚子の香気がたちこめています。
窓の外の柚子の木を眺めながら湯舟につかると、身体の中からじんわり温まります~


a0082536_1453072.jpg



風呂あがり、座敷に戻ってさっそく水炊きをいただきます~
お通しは柚子味噌大根。


a0082536_1463862.jpg



柚子を練りこんだ餅、ゴロゴロした地鶏に地元産野菜いっぱいの鍋。
だし醤油には、みずみずしい柚子をぎゅーっと搾って。大きな種は籠でうけとめます^^


a0082536_1465832.jpg



水炊きでかなりお腹いっぱいでしたが、しめはご飯と卵で雑炊に。
デザートは柚子寒天。


a0082536_2115044.jpg



柚子三昧のほくほく鍋。
たっぷり柚子の香りと山里の豊かな味を満喫しました~


 +柚子の里 水尾(水尾保勝会)+
  期間限定。宿泊不可。
  予約は4人から。平日は2人でもだいじょうぶそうです。家によってちがうのかも。
  入浴用タオルあり。浴衣などはないので、風呂あがりに着る服があるとよいです。
 
++HAPPY♪ 京都 秋色散歩
[PR]
by ibayima-ma | 2007-12-01 02:03 |

長瀞秋散歩 @秩父 

ぽっかぽか陽気の週末、秩父の長瀞へいってきました。
JR熊谷駅で乗り換え、秩父鉄道に揺られて1時間。
車窓はだんだんとのどかな風景になり、こんもりした山々が少しずつ色づいてきた頃、
ローカルな長瀞駅に到着。風がひんやり冷たく、気持ちいい散歩日和です~
駅前にある観光案内所で地図をもらい、長瀞の名所、岩畳をめざします。


a0082536_2382880.jpg



観光客で賑わう岩たたみ通りを歩いていくと、目の前に大きな畳が敷かれたような
岩の塊があらわれます~ 地中から隆起した結晶片岩が、長年にわたり荒川に侵食されて
できたというダイナミックな景観。岩の段丘がはるか先までつづいています~


a0082536_23184778.jpg




a0082536_2326972.jpg



断崖の谷間を流れる美しい清流を1時間ほど散歩。
対岸の絶壁には秩父赤壁が見られ、木々は色とりどりに美しく色づいています(*^∇^*)


a0082536_23281866.jpg



絶壁に座ってひと休み。ぼーっと景色を眺めていると、眼下の渓流をライン下りの木舟が
下っていきます。気持ちよさそう~


a0082536_23301965.jpg



いろは四十八沼
岩畳のところどころにくぼみがあり、水がたまって池になっています。


a0082536_23361633.jpg



もこもこ色づいたお山がかわいい^^


a0082536_23374969.jpg



ごっつりした岩肌をさらに上流へ歩いていきます~


a0082536_23391416.jpg



この辺りから岩の種類が変わってきます。いろんな岩石がいっぱい^^


a0082536_23445040.jpg



カヌーやラフティング、ライン下りなど、川遊びもいろいろ楽しめそう。
夏は気持ちいいだろーな。


a0082536_23511042.jpg




a0082536_23531647.jpg




秩父鉄道でいちばん長いという荒川橋梁。
運がいいと秩父路のSL"パレオエクスプレス"が見られるそう☆


a0082536_001596.jpg




上長瀞駅近くの親鼻橋に到着。
地図を見るとライン下りの出発点になっているようで、帰りはライン下りで長瀞駅に戻ろうと
思ったのですが、上長瀞発の最終はもう終わってしまったそう(*_*) 
バスで長瀞駅に戻り、そこから下るコースならまだあるというので、せっかくなんで
挑戦してみることにしました。



a0082536_064375.jpg



岩畳近くの乗り場から、10人ほどで舟に乗り込みます。
船頭さんの案内で、長瀞~高砂橋まで下る30分ほどのコース。
2人の船頭さんが長い竿を自在に操り、大きな岩石の間をゆったりと進んでいきます~


a0082536_015124.jpg



舟には水がかからないようにビニールシートがついていましが、緩やかな流れのコース
だったせいか、水はかかりませんでした^^
陽が暮れてきて、厚手のコートにマフラーをしていたのですが寒かった~
ライン下りは昼間のうちに乗るのがおすすめです(^_^;)


 +長瀞町観光協会+
 桜も新緑もきれいそう。
 四季を通して、家族連れや仲間でも、デートでも楽しめそうな場所です。

 +長瀞紅葉ライトアップ+ 
  ☆2007/11/10-25
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-11-22 00:36 |

京都秋散歩   +比叡山延暦寺+

日本仏教の聖地、比叡山延暦寺。伝教大師最澄によって開かた天台宗総本山であり、
京都市街を望む壮大な山中に、多数の仏教建築が点在しています。
出町柳駅発のローカルな叡山電車に乗り、終着駅、八瀬比叡山口で下車。
そこから叡山ケーブルに乗り、さらにロープウェイに乗り継ぎ、山頂をめざします。

叡山ケーブルの発車時間までしばし時間があったので、駅にある比叡山の観光パンフで
下調べ。延暦寺は漠然と広いイメージはあったものの、思いのほか広大なことが判明(ΘoΘ;)
叡山ロープウェイの山頂から延暦寺までも距離もありそうで、この時間に向かってはたして
延暦寺に行き着くのかどうか。。 比叡山頂から三塔(延暦寺東塔、西塔、横川)を循環する
シャトルバスがあるらしく、とりあえず奥深い西塔をめざしてみることにしました。 

ロープウェイに乗って、山頂までしばしの空中散歩~
眼下にはミニチュアのような京都の街と、京都を取り囲む山並みを一望できます。



a0082536_11143063.jpg




頂上はひんやり冷たい空気に包まれ、セーターにジャケットを着ていてもちょっと寒いくらい。
京都と滋賀にまたがる比叡山。山頂から大型バスに乗りしばらく走ると、途中、眺望が開け、
大きな琵琶湖があらわれます~

ほとんどの人は東塔で下車しますが、さらに奥の西塔へ。
静寂に包まれた境内は人もまばら、なんだか陰鬱な雰囲気です。



a0082536_11332334.jpg




  にない堂


a0082536_115041100.jpg




  鬱蒼と生い茂った杉木立に佇む、朱塗りが風化したお堂。
  美しい緑の苔はカーペットのよう(*´∇`*)



a0082536_120862.jpg




  手水舎のドラゴン☆ 


a0082536_1211333.jpg




  釈迦堂 山上で最も古い、天台様式の建物です。


a0082536_1244477.jpg





a0082536_1284281.jpg




夕暮れまで西塔をゆっくり散歩。
陽が傾き、帰りのロープウェイからは神々しく浮かび上がる京都の街を一望。
山深い奥比叡。いつもとは違った京都を感じ入りました~



a0082536_12204921.jpg

 
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-10-30 13:00 |  >>Kyoto

京都 修学院離宮2

a0082536_1682897.jpg




ゆるやかな弧を描く松並木。一面に広がる田んぼを突きぬける一本道なのですが、
松並木によって視界はさえぎられています。松のあいだからちらちら眺められる
田園風景を楽しみながら、ゆるい上り坂をのぼっていきます~



a0082536_1617685.jpg





a0082536_16172797.jpg





  上離宮の御成門
  木々の葉はほんのり色づきはじめていました^^



a0082536_16252648.jpg





上離宮のアプローチには大刈込みという、背丈ほどの高さに四角く刈込まれた生垣があり、
刈込みのあいだをぬうようにして急な石段をのぼっていくと、急に目の前が大きく開けます。




a0082536_1631035.jpg





頂上の隣雲亭。眼下に大きな池を臨み、京都の街を一望できる大パノラマが広がります。
浴龍池とよばれる巨大な池を囲む回遊式庭園。
池に浮かぶ島を龍が泳ぐ姿に見立てて造られているそうです。
幾重にも折り重なる京都の山並みもすばらしい~


大刈込みの間から顔を出しているのは植木屋さん。
刈込みは、ダムのような巨大な池を造るため、谷川をせきとめるのに使われた
土留めの石垣を隠したもので、周囲の自然の風景としっくりなじんでいます。



a0082536_16325899.jpg





  滝見燈籠 この先に滝が流れていて、清らかな水音が響きわたります



a0082536_164885.jpg





浴龍池のまわりをぐるりと一周。さまざまな樹木、土橋や灯籠がつぎつぎに現われ、
静かな池の景色と折り重なり、さまざまな変化に富んだ風景を楽しめます。



a0082536_1658636.jpg




  千歳橋 中国風デザインの石橋



a0082536_165352.jpg




  静かな紅葉谷 
  紅葉の時期は美しいだろうなー 見頃までもうちょっとかな



a0082536_16555134.jpg




  船着場 浴龍池では優雅な御船遊びが行われていたそうな。



a0082536_170145.jpg




  西浜はのびのびとした景観



a0082536_1721562.jpg




地形を生かした立体感ある、壮大なスケールの庭園。
視線を引き寄せられたかと思えば、はるか遠くに景色が広がったりと、躍動感あふれる
ランドスケープはすばらしい~ 人の手を入れてダイナミックに造られた人工的な庭園にも
かかわらず、自然に融けこむ一体感のある見事な庭園です。
後水尾院の隠居所、仙洞御所にも行ってみたくなりました~



a0082536_082735.jpg




 +宮内庁参観案内 修学院離宮+  
  参拝は事前に申込みが必要。
 
[PR]
by ibayima-ma | 2007-10-24 17:27 |  >>Kyoto

松月堂   +栗花落・栗琳+     <<岐阜県中津川市 oishii

初秋、すこし涼しくなってくる頃に毎年届く松月堂のギフトカタログ。
今年も栗の里、中津川から栗をお取りよせです♪
おいしそうな栗菓子にあれこれ目うつりしてしまいます~

昨年、手みやげに間に合わず断念した、和風もんぶらん"栗花落(つゆり)"
栗をモチーフにしたデザインのピンクのかわいらしい箱の中に、手づくりでつくられた
美濃焼の器が3つ。かなりこぶりサイズ。。

a0082536_20251271.jpg


しっとりした栗餡ペーストの下には、ふんわり渋栗入り栗きんとんが入っています。
ほっくりほのかに甘い、風味豊かな栗が生かされた上品な味。
マロンペーストには最高級和三盆糖を使っているそうです。


  栗琳(りつりん) 

a0082536_20271159.jpg


青竹の中に栗きんとんのそぼろが詰められ、上には渋皮栗がのっています。
そぼろの中にはうぐいす豆の甘納豆が入っていて、見た目も味も上品なかんじ。
手みやげにぴったりです^^ 

++HAPPY♪ 松月堂 +栗きんとん+ <<岐阜県中津川市
[PR]
by ibayima-ma | 2007-10-17 20:43 |