無彩庵 @軽井沢 長倉

中軽井沢駅から南へ車で数分走ると、木立に包まれた落ちついた別荘地に入ります。
エルミタージュ・ドゥ・タムラの近くにある、田村シェフが手掛けたカジュアルフレンチのお店。
余裕で予約したつもりが11時の予約しかとれず、しかも10時半に到着(・ω・)
ちょっと早めのランチです。

a0082536_10086.jpg


いろいろな種類の苔や植物が生い茂るアプローチを通り抜け、大きな扉を開けると
高い天井のエントランスホール。裏庭の緑に視線が抜ける気持ちよいスペースです。
 
左手の大きな扉から中へ入ると、緑の庭に面した一面ガラス張りのダイニングスペース。
10席ほどのカウンター席と15席ほどのテーブル席があり、席間はやや狭め。
黒を基調にした無機質なインテリア。それほど広くはないけれど天井が高く、
ゆったりした空間です。アプローチの緑が瑞々しい~

車の通りがやや多めの道に面していますが、店内はとても静か。
カウンター席は緑と反対方向を向いていますが、正面が鏡張りになっていて、一面に
庭の緑が映りこみ開放感があります。

プリフィクスもありますが、おまかせコースに。メニューはアラカルトでも選べます。

a0082536_172035.jpg




  VIVO(ヴィボ) Beauty
  ナノクラスター水。お水の種類もいっぱいあります^^ 

 
a0082536_194975.jpg


  豚トロのテリーヌ もちもちしたパンと一緒に。
 
a0082536_193446.jpg


  落ちついたトーンのランチョンマットは無彩庵オリジナル。

a0082536_1285982.jpg


  桃の冷たいスープ
  桃をまるごとくり抜いた器の中に、フレッシュな桃の香りの冷たいスープが入っています。
  最後はフリーズした桃をガリガリ削って、スープと一緒にいただくと、また違った触感が
  楽しめます。夏の訪れを感じるシンプルなスープ。なんて素敵なメニュ-☆

a0082536_1292087.jpg


  全粒粉のパン

a0082536_1325756.jpg


  穴子と古代米のテリーヌ
  ふっくらした穴子の間にもちもちの古代米が挟み込まれています。
  バルサミコソースと一緒に。付け合せのクレソンとミョウガが瑞々しい~

a0082536_1331520.jpg


  メインは魚料理か肉料理を選びます。肉料理も心惹かれますが・・
  早めの昼食ということをわすれ、しっかり朝食を食べてきてしまったため魚料理に。。

  アカムツのポワレ 夏野菜もいっぱい^^
  葱のソースが瑞々しい香りです~

a0082536_1353777.jpg


  デザートとドリンクも迷います。。
  すいかのショートケーキ、そら豆のティラミス・・想像もつかないものばかり(*^~^*)

  トマトのコンポート
  フルーツのような甘いトマトと涼しげなバジルのシャーベット。
  やや満腹気味でしたが、さっぱり爽やかに^^

a0082536_7564624.jpg



  ハーブティ なぜかこのカップだけクラシック。。
 
a0082536_759468.jpg


シンプルな中にも素材いろんなの魅力が引き出された料理たち。軽井沢の緑と空気に
包まれ、季節の移ろいを感じつつ地のものをいただく、贅沢なひとときです^^


 +無彩庵+
  夏は予約とりづらそう。早めに予約しておいた方がいいです~


[PR]
by ibayima-ma | 2007-07-24 02:21 |


<< 三五荘資料館 @軽井沢 南ヶ丘美術館 Disney+WA-Qu展 >>