Dar Said ダール・サイッド 1 @チュニジア シディ・ブ・サイド

ホテルからタクシーで、チュニス中心部にあるチュニス・マリン駅へ。
そこからカルタゴ海岸へ延びる郊外電車(TGM)で30分ほどのところにある、
白と青のコントラストが美しい街、シディ・ブ・サイドへ向かいます~

地中海の街並みと同じ、マリンブルーのちいさな列車。
2等席の切符を買って乗り込むと、それほど待たずに発車。切符もマリンカラーでかわいい。
TGMはチュニジア庶民の足になっているようで、運賃は安く本数もあり、結構混んでいます。
ドアは降りるときは手動。閉まるのは自動のようですが、半開き状態のまま出発~
車内では子供がサッカーボールを転がしたり、走行中、ドアを開っぱなしにして遊んだりで
にぎやか。若者はお年寄りに席を譲っていたり、チュニジアの日常が垣間見られて楽しい。


a0082536_20505316.jpg



チュニスを出発すると、電車は大きなチュニス湖の真中を走りぬけます。
線路のすぐ先に水面があり、車窓の両側に一面湖の景色がしばらくつづきます。
途中、建設中の大きな橋があり、"TUNISIA""JAPANと"いう垂れ幕がかかっていました。
この橋が完成すればチュニスの交通渋滞がかなり緩和されるそう。
チュニジアでは街を歩いていると、ジャポネ、ナカタ・・と日本語で親しげに
声をかけられますが、観光客やサッカーでだけでなく、こんなところでも国際交流があるらしい。


a0082536_20564467.jpg



シディ・ブ・サイドに到着。オレンジの木がつづく石畳の坂道をのぼっていくと、
真っ白い壁に鮮やかなブルーの窓や扉が美しい街並みが広がります。
きれいな花をつけたサボテンや大きなナツメヤシの木があちこちにあり、南国っぽい風景。
メインストリートにはみやげもの屋がたち並び、シディ・ブ・サイド特産の鳥かごや
チュニジアンブルーのきれいなお皿などに引き寄せられつつも、まずはホテルをめざします。
街の中心を過ぎたあたりですこし迷っていると、街角でたたずむおじさんがあっちにホテルが
あるよと教えてくれて、無事到着。


a0082536_2129223.jpg



オレンジがたわわに実る、石畳の階段をのぼったところにある白い建物。
ホテルのロゴマークのサインがかわいい~


a0082536_21325520.jpg



19世紀半ばに建てられたダール(屋敷)を改装した邸宅ホテル。


a0082536_2136563.jpg




a0082536_21385963.jpg



砕いたタイルをはりあわせた階段をあがると、おおきなチュニジアンブルーの扉^^


a0082536_21393315.jpg




a0082536_21412597.jpg



扉をくぐると、アール型の天井にタイルやレリーフがかわいいエントランスホールがあり、
その横に小さなレセプションがあります。まだ朝はやくチェックインまで時間があったので、
ホテルで荷物を預かってもらい散歩にでかけます~ 


a0082536_214262.jpg




a0082536_21445213.jpg



ホテルには地中海にのぞむ庭があり、オレンジの木やサボテン、お花が咲いています^^
楽園に迷い込んだかのような、素敵なプライべートガーデン。


a0082536_21494689.jpg



ビッグパイナップルのよう^^


a0082536_21511854.jpg



タイルは庭のアプローチにも敷かれています。サボテンかわいい^^


a0082536_2154536.jpg



夏は庭のテラスでゆっくり過ごすのもよさそう。


a0082536_21572033.jpg



ホテルをでると、石畳の小径のむこうは地中海です^^

 
a0082536_2158522.jpg

  
[PR]
by ibayima-ma | 2008-01-09 22:02 |  >>Tunisie


<< シディ・ブ・サイド散歩1 @チ... Maison Blanche ... >>