高崎雨散歩

東京駅から新幹線で1時間。いつもは通過するだけの高崎駅にはじめて降りてみました^^
高崎駅西口から歩いてすぐ。高崎市タワー美術館で開催されている、日本画家、
町田久美さんの展覧会へ行ってきました。細い線を重ねて描く独特の画風に、斬新な構図で描かれた人間たち。雲肌麻紙に描かれた、しなやかながら凜とした線に惹きこまれます~


a0082536_20495383.jpg



 +町田久美─日本画の線描 @高崎市タワー美術館 ☆08/6/28~8/24




a0082536_2050046.jpg



ひと休みした後、近くにある高崎市美術館彫刻展にも行ってみることにしました。
高崎市美術館は増築工事で休館のため、隣にある"高崎哲学堂"の建物の庭を使った彫刻展。
降りつづく雨の艶やかな緑の中に、オブジェたちが静かに佇んでいます。



 +平出豊 「Layer・葉間」


a0082536_0393235.jpg



正面玄関からぶどう棚の脇をとおり建物の裏にまわりこむと、庭の緑の中に鉄やステンレスなど素材感のある茂木康一さんのインスタレーションがあらわれます。深い軒下のため、雨でもゆっくり鑑賞することができます。


a0082536_2050762.jpg



庭からつづく玄関の土間や屋内にも、いろんな作家さんのオブジェたちが置かれています。
"高崎哲学堂"は、高崎市の文化振興に影響を大きく貢献した井上房一郎氏の旧自邸。
アントニン・レーモンド設計。この建物はレーモンドの自邸を元に造られたそう。
表からは想像もできない広がりのある空間。足場丸太を使った独特な構造、明かり取り窓、暖炉、造り付け家具、そして居間の引き違い戸を開け放つと庭と一体になるように設計されています。
ここから歩いて10分ほどのところにある"群馬音楽センター"もレーモンド設計。


a0082536_20501432.jpg




a0082536_20502111.jpg




a0082536_20503290.jpg




a0082536_20503994.jpg



 +彫刻をめぐる空間 3次元 Three Dimensions @高崎市美術館
  ☆第1期:08/6/2~8/10 第2期:08/8/12~9/21



高崎駅近くにある雑貨と器のお店"SABI"へ。ちいさな店内には、シンプルで日常で使いたくなるような小物がいっぱい。シンプルな手挽きのコーヒーミル(ジャパンポーレックス(株)Web)と、週末に販売しているという"Oneness brot(ワンネスブロート)"の自家製天然酵母パンを買いました。
香ばしい、もちっとした触感の生地がおいしい^^


a0082536_20504620.jpg



ライ麦プレーン、ライ麦(レーズン、クルミ入り)


a0082536_20505559.jpg



この日は高崎観音山のろうそく祭り"万灯会"。今年開設1200年の清水寺の石段下から白衣大観音、洞窟観音まであかりの回廊に包まれるそう。駅の観光案内所で聞いたところ、残念ながら雨のためあかりの回廊はほとんど中止のよう。いつかまた行ってみたい~
雨の降る中、しっとりアート散歩を楽しみました^^
 







































 
[PR]
by ibayima-ma | 2008-08-24 23:17 |


<< ホームベーカリー   +ブルー... エルダーフラワー @Cotta... >>